記事一覧

9月3日天文台で星を見る

お住いのところから夜空に星は見えますか?
オプティマスの自宅の二階から明るいオリオン座は見えます。
ここ最近、近隣の深夜営業のドラックストアーの看板。
街灯、密集する住宅で、沢山ある星座が全く見えなくなりました。公害というやつです。
又、仕事の多忙や興味が走ることになり、すっかり星空から離れてしまいました。
9月3日(日)群馬県吾妻郡高山村にある県立ぐんま天文台に息子と二人で行きました。
今回『はじめての望遠鏡教室』(5組30名限定)申し込み抽選で、当たりました。

天気は良さそうなので、星の観望はできるかな?

実は、県立ぐん天文台は、専門的に観望観測を行いながら、広く天文学を一般の人に広めています。
このような星に興味がある一般の研修会。
ドーム付の150cm大型望遠鏡、65cm望遠鏡の公開観測。
受講資格者制度で設置してある天体望遠鏡を予約貸出をしているのです。群馬県は本当に太っ腹です。

天文台は山の中にあるため自家用車で向かいます。
又、車のヘッドライトによる観望観測が出来なくなるため
天文台の麓の駐車場が車の定置場所です。
そこから、山を登って山頂に県立ぐんま天文台があります。駐車場に着いて、天文台に登るところの看板です。

整備された遊歩道に工夫がしてあります。
それは、駐車場から天文台がある山頂までの遊歩道脇に、ところどころ太陽系の星の看板があります。
遊歩道の距離を太陽系とみたてているのです。
このような感じです。歩いて太陽からの距離を実感できるのです。





これは熊よけの鐘です。ハンマー付
 まだまだ登ります。次、火星だっけ?

火星まで来ると建物が見えます。
子ども『次は地球だよね』

頂上が太陽のある場所です。



太陽フレアが地球に影響を与えることが話題の今日。
この遊歩道で太陽と地球が近いことがわかりました。
小学校、中学校のお子さんなら、喜びますね。
太陽の先にはこのようなものがあります。







左側150cm反射望遠鏡、右側65cm反射望遠鏡
銀色のドーム内の150cm反射望遠鏡は巨大です。

日が暮れて夜空が見えてから『はじめての望遠鏡教室』
の教室へ。講師の方がプロジェクターでの説明後、望遠鏡のある屋外へ。一組一台の望遠鏡を貸していただく。

この大きな口径の反射望遠鏡が我が家担当です。
二組に1名ボランティアの方が操作方法、星座をガイドしていただきました。
さて、初めて望遠鏡でうまく星をみつけられるかな?

この日、新月でなく月あかりで観望は厳しい状況。

それでも、月の表面、クレーター。Good!
土星は、輪がはっきり見えました。Good!
そして木星。Good!
つぎからは、夏の大三角です。

はくちょう座(デネブ)わし座(アルタイル)、こと座(ベガ)
Good!
しかし、初めてにしては、子どもが星を望遠鏡で見つけるのが速い。初めてでこの速さは何でだ?望遠鏡の下で何かコソコソやってる??
その原因は、スマホに星座ソフトをインストールしていて
空にスマホを向けると星座、星団が表示される。
昔の星座早見盤のスマホ版ではないですか。



それも、ナイトモード切り替えで暗闇でも画面が見やすい。ビクセンのアプリNebulaBooK(アンドロイド無料)
あっという間に初めての望遠鏡教室は終わりました。
その後、150cm反射望遠鏡から大きな土星を観望し感動。秋から冬の晴天、新月であれば星団や天の川が観望できるとのこと。
星の話や普段喋れない学校の話をしながら、息子と天文台を後にしました。
天文台の館内は望遠鏡以外にも博物館のように模型や書物、写真が沢山あります。

関越自動車道から少し足を伸ばせば、ぐんま天文台です。<渋川伊香保ICより25分、月夜野ICより20分>
開館時間、観望時間、イベント時間はホームページでご確認をお願いします。

館内にある大きな写真はアンドロメダ大星雲
光のスピードで230万光年。
この大きな写真を見ていると日々のわずらわしいことは忘れてしまいそう。
そうそう、オプティマスの故郷は、架空のサイバトロン星。
それでは、又。
スポンサーサイト



コメント

No title

> まめクロさん
ハレー彗星ブームありましたね。
彗星や流れ星であれば、一番見える日に原っぱにシート引いて、寝っころがれば、今でも見えるんですかね。
私は、大人よりもっと前の受験生から空では無く、下ばかり見てました。(笑)

天文台への山登りで体力増進と観望でストレス解消が出来ますので、ご多忙が一段落したら、まめクロさんもぐんま天文台へぜひ。

No title

> カロゴンさん
子どもも初めての宇宙を自分の目で見て大変喜んでました。
また、天文台に以前登ったことあるんですね。
星のサークル仲間とご一緒だと、知識豊富で素敵です。
今回は、星雲、星団は月の光りで見えませんでしたが、夜空にとってもロマンを感じました。ランニングと同じくらいアドレナリンでました。

No title

昔、ハレー彗星に心躍らせてた子供の頃、my望遠鏡が欲しかったのを思い出しました。
大人になると下ばかり見て、なかなか夜空を見る事がないですね。不意に見上げてオリオン座が見えたりすると、「もう冬だなぁ~」ってしみじみしたり。
たま~~に、ごくまれ~~に流れ星が見えたりすると「あっ!」しか言えず^^;願い事が「あ!」になってしまうという(笑)

No title

いいですねー。
お子様も感動したんじゃないでしょうか。

15年くらい前に星のサークル仲間と行って以来行ってないですが、また行きたい施設です。
大きな望遠鏡で、星雲・星団や銀河なんか見ると
「宇宙って・・・」と思っちゃいます!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆきパパランニング

Author:ゆきパパランニング
ようこそ!
人生は長くはない。出来ることは出来るうちに。
このブログは、笑顔で走った10km、ハーフマラソン、フルマラソン、ウルトラマラソン、トレイルランニングの記録です!
スキーにもチャレンジしてます。

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア