記事一覧

オプティマスよ、勝田の風になれ1

道中色々ありましたが、天候にも恵まれ4時間30分(NET)。
昨年の同大会オプティマス記録5時間9分を大幅に更新。

この大会は、25000人(フル15000人、10km10000人)のマンモス大会、65回の古き歴史、リーズナブルなフル8000円、長袖完走Tシャツ、完走いも、お楽しみ抽選会、ボストン・マラソン派遣、マラソン大会の歌(君よ勝田のかぜになれ)があります。
私は、この歌がとても好きなので、レースでは歌いながら走っているのは、ここだけの話で。
(動画は大会公式ホームページより)スタート前には、勝田マラソンの歌を素晴らしいコーラスで歌唱されておりました。

できるだけ目立たない、いつもの場所で変身。

同僚二名に変身を手伝ってもらい記念写真。

この後、プロ漫画家&市民ランナー『ヨメとおいらのラン日記』読者つながりで、知り合いになった読者、ポンゆたさんにご挨拶。
昨年同様に記念写真を二人で撮り、同僚との上記の写真を撮って頂きました。
ポンゆたさんは、今年も速そうでした。
25000人の大会で、オプティマスでウロチョロすると『ちょっと良いですか写真?』『◯◯の大会でお会いしました!』『10kmエントリーですか?』『完走できますか?』『いくらですか?』『苦しくないですか?』といつものコミニケーション。
なんとか、最後尾Fブロックに並び、かなり異質な視線を感じるオプティマス。
ポンゆたさんから、スタート前に暇にしている私の写真をもらいました。(後ろ手に組んでいるオプティマスを別のランナーがスマホで写真撮っている)

午前10時30分号砲。
フルマラソン15000人では最後尾Fブロックまで10分9秒のロスタイムでした。
マラソン歌がスピーカーから流れる中、沿道の大きな声援をもらい、オプティマスはスタート。


スタートして程なく四車線の広い道路を全力疾走して
最後尾からのロスタイムをかせぐ。

10kmを通過して、ピッチを上げる。
これくらいになると余裕がでてきたランナーから。
走りながら『写真撮って良いですか?』
オプ『頑張って私より先に走ってくださいね。良いですよ』

20km1時間59分(NET)ヤッター。
頑張れば、サブ4。かな。
スーパーポジティブロボットのオプティマスは、この時点で夢を描いてみました。
しかし。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆきパパランニング

Author:ゆきパパランニング
ようこそ!
人生は長くはない。出来ることは出来るうちに。
このブログは、笑顔で走った10km、ハーフマラソン、フルマラソン、ウルトラマラソン、トレイルランニングの記録です!
スキーにもチャレンジしてます。

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

フリーエリア